頭痛治療 | 茨木市真砂のたてやま鍼灸整骨院

エキテンランキング1位!

電話番号

アクセスマップ

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります 一般社団法人むち打ち治療協会 大阪府茨木市真砂1丁目9-31

頭痛治療

こんな症状の人は当院の頭痛治療!


頭痛診断チェック!!

頭を締め付けられているような重苦しい痛みがある。

肩こりが強くなると、目の奥や顔の表面に痛みが発生する。

後頭部全体が重苦しい。

側頭部やこめかみの周辺が痛い。

月経前と月経中に頭痛がひどくなる。

アルコールを飲むと頭痛がする。

同じ姿勢を長時間続けていると頭痛がおこる。

にぎやかな場所で大声を出したあとに頭痛がする。

音や光の強い場所にいたあとに頭痛が起こる。

飛行機に乗ったときや、その前後に激しい頭痛に襲われる。

頭痛薬を毎日もち歩いている。

1つでもチェックマークがついた人は、当院の頭痛治療をおすすめします。

当院の頭痛治療

当院で扱っている頭痛は

命に関わらない頭痛≫一次性頭痛(機能性頭痛)です。

痛みの原因が病院の検査では出ない疾患の無い状態、当院で扱う頭痛は「慢性頭痛(一次性頭痛)」です。
一次性頭痛は4種類 ・緊張型頭痛 ・片頭痛 ・群発頭痛 ・混合型頭痛があります。

命に関わる頭痛≫二次性頭痛(症候性頭痛)

MRIやCT、血液検査で頭部に痛みの原因となる疾患があり確認できる状態です。
診断名、原因では ・くも膜下出血 ・脳腫瘍 ・慢性硬膜下血腫など
これらの頭痛は、頭痛を訴える患者全体の1%程度といわれます。

頭痛の時はどうする?Q&A

Q1 頭痛の時は、冷やす方が良い?温めた方が良い?
A  温めた方が良いです。冷やすと「楽になる」という方がおられますが錯覚です。
冷たい水に手や足を入れて、感覚が無くなったという経験はありませんか?冷えたことにより麻痺しているだけで痛みが改善しているわけではありません。(患部を触ってみて熱感、発赤といった炎症反応、捻挫、むち打ちの場合は冷やすことがあります) 患者さんの中には温めると痛みが出るという人がいます。その場合は患部を直接温めるのではなく、最初にお腹を温めて全身に血液がめぐるようにしてから、次に患部周辺の肩や背中を温めると痛みがやわらいだことが実感できます。冷やすと楽で温めると痛みが出ていた人でも、だんだんと温める方が楽になっていきます。これは筋肉が正常な状態に戻っている証です。
Q2 頭痛が襲ってきたら、部屋を暗くして静かな中でじっと寝ています。これって、正しい対処法ですか?
A 正解です。
動けない程のつらい痛みが出ているときは、安静にして休んでいることと、筋肉を緩めることです。筋肉をゆるめると副交感神経が優位になり、リラックス感が得られ、血流も改善されます。
Q3 頭が痛くなったときはもちろん、痛くなりそうなときも頭痛薬を飲んでいます。これって、予防法になりますよね?
 A 激しい痛みに見舞われて辛いときは、痛み止めを使ってその痛みを乗り越えることは仕方ないと思っています。
しかし、「痛くなりそうなとき」は実際には痛みが出てない状態なので頭痛薬を飲んでしまうのは問題です。本来、備わっている自然治癒力の機能が、薬によって中断されたり低下してしまうからです。また、頭痛薬の常用は習慣化しやすいといわれていて、飲み過ぎは薬物乱用頭痛を招く恐れがあります。
そろそろ問題の解決を先送りにすることはやめにしませんか?
Q4 頭痛の時は、痛みがひどくならないようにお風呂に入りません。どうしてもという時は、シャワーを浴びるかぬるめの温度で入浴しています。
A お風呂は頭痛を軽くする効果がありますので、頭痛時でも入浴をお勧めします。(二次性頭痛や高血圧、心疾患の無い方)
  筋肉のこりを解消するためには、筋肉を緩める必要があります。ぬるめのお風呂では筋肉は弛緩しません。
まず、43~45度くらいの熱いお風呂に5~8分入ります。そのあと、上がり湯として40~42度にうめたお風呂にゆったりとつかり、
体を温めて自律神経を整えるのがいいでしょう。これを毎日続けていると基礎代謝が上がるため、頭痛を予防できます。
Q5 目が疲れると後頭部に頭痛が起きます。目と頭痛は関係ありますか?
A 大きな関係があります

視神経を司っているのは脳の後頭葉(後頭部)です。この神経が疲れると眼精疲労になり、後頭部ゾーンや目の奥に放散痛が発生します。
また目の周囲には頭痛誘発筋があります。それが疲労によって収縮し、放散痛の頭痛が発生するのです。時々、顔を上げて、遠くを見ると目の疲れは緩和できます。

Q6 毎日長時間、パソコンの画面を見て仕事をしています。パソコンが頭痛の原因と聞いたことがありますが、本当ですか?
A 本当です。

頭痛を誘発する原因は2つあります。まず1つは、Q5で説明したように目を酷使していること。そして2つ目は、同じ姿勢を長時間保持していることです。

同じ姿勢を長時間保持していると、頭痛誘発筋が長時間酷使されます。なので、正しいパソコンの置き位置と楽な椅子の座り方が必要で、目や筋肉の為には1時間に1回はパソコンから目と手を離して3分ほど休みましょう。

Q7 母が頭痛持ちだから、私も頭痛持ちです。頭痛は遺伝するんですよね?
A 遺伝はしないと考えています。しかし・・・
患者さんの中にも、「この頭痛は遺伝だから治らない」と思い込んでいる人がたくさんいます。しかし頭痛は先天的なものではなく、生活習慣が引き起こしている後天的なものが影響していると考えています。ただし、親子というのは体型だけでなく、姿勢や生活習慣、食べ物などの好みも酷似しているケースがとても多いです。もしかして、あなたのお母様と様々な面で「瓜二つ」などと言われた事はありませんか?これらのケースでは姿勢や生活習慣が似ているために、親も子も頭痛持ちになっているのです。
頭痛は生活習慣を正して悪い姿勢を改め、きちんと筋肉をつければよくなります。
Q8 最近、頭痛がひどくなってきたみたいです。家族から猫背になっていると指摘されました。頭痛と猫背は関係あるのでしょうか?
A 大いに関係あります。
猫背になると頭部が前方に出るため、その重みを支えている首と背中の筋肉(僧帽筋や脊柱起立筋群という筋肉があります)に大きな負担がかかります。これらの筋肉はまさに頭痛誘発筋なのです。過剰な負荷がかかったために、筋肉は過緊張になり収縮してしまいます。こうして肩こりや頭痛が発生するのです。
Q9 不規則な生活が続いています。睡眠時間は短くても、ぐっすり眠れていますから、頭痛の心配はしなくても大丈夫ですよね。
A 規則正しい生活と睡眠時間は頭痛と関係あります。
睡眠時間が短いということは、重たい頭を支えていた時間が長いわけですから、頭の重みを支えるのは頭痛誘発筋が多いので、頭痛が起こる危険性があります。また、短い睡眠時間が原因で頭痛が起きる人もいます。生活リズムを整えて睡眠時間は確保しましょう。

トップページへ戻る

交通事故治療

一般社団法人むち打ち治療協会

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

お悩みの症状

お悩みの症状一覧はこちら

トピックス

トピックス一覧はこちら

お客様の声

院へのアクセス

お問い合わせ


南茨木駅×マッサージ部門
2016年06月時点

たてやま鍼灸整骨院の口コミをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院のクーポンをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン