頭痛薬では根本から頭痛を治せない | 茨木市真砂のたてやま鍼灸整骨院

エキテンランキング1位!

電話番号

アクセスマップ

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります 一般社団法人むち打ち治療協会 大阪府茨木市真砂1丁目9-31

頭痛薬では根本から頭痛を治せない

2014/05/09

【薬はあくまでも痛みをブロックするもの】kusuri
慢性頭痛を抱えた人の中には、市販の頭痛薬を服用している人がたくさんいます。

 

これは解熱鎮痛剤と言われるもので、「頭痛、生理痛、発熱時の痛みに効果的」とうたわれ、辛い症状を緩和してくれます。

 

しかしながら、痛みの根本原因を治しているわけではなく、痛みをわからなくしているだけなので、効果がきれるとまた痛みが出たり、常用しなければいけなくなります。

 

【常用すると薬物依存になる!?】
慢性頭痛のために、鎮痛剤や予防薬を服用している人の中には、薬の副作用による頭痛を発生させていることがあります。
長期にわたって薬を服用していると、毎日のように頭痛やおう吐に悩まされるようになってしまいます。
何度も服用すると薬の効いている時間が短くなりますから、薬が手放せない状態になります。

これを「薬物乱用頭痛」といいます。今、このような人が増えています。
【頭痛薬は最低限で使うべき】
zutuu_img1[1]頭痛薬に頼り過ぎないことは重要ですが、頭が割れるような激しい頭痛が起こっているときは、我慢や気合と根性だけで乗り切れるものではありません。

 
通常の頭痛とは明らかに痛みの度合いが違う場合や、痛みがどんどん強くなる場合は二次性頭痛のおそれがありますから、救急車を呼ぶなど対処しましょう。病院で脳腫瘍や脳出血、くも膜下出血などの疾患があるために起こる二次性頭痛かどうか確認してもらうことが大事です。

 
その疑いがない場合は、安静にして薬を飲んで辛い痛みを抑えることです。
薬には即効性がありますから、必要な時は最低限で使うべきと考えています。ところが、今の医療機関の多くは、長期にわたり大量の薬を処方していることがあり、そのため、薬漬けになってしまっている患者さんも少なくはありません。これは薬物乱用頭痛にもつながります。
人生のパフォーマンスを低下させないためには、頭痛そのものが起こらないような体づくりをすることが最も大切なはずです。
脳にトラブルが生じたせいで起こる二次性頭痛は除いて、
頭痛治療の最終的な目標は『薬なしで生活できること』なのです。

頭痛一覧へ戻る

交通事故治療

一般社団法人むち打ち治療協会

トピックスカテゴリー

一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

お悩みの症状

お悩みの症状一覧はこちら

トピックス

トピックス一覧はこちら

お客様の声

院へのアクセス

お問い合わせ


南茨木駅×マッサージ部門
2016年06月時点

たてやま鍼灸整骨院の口コミをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院のクーポンをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン