秋におこる、ぎっくり腰が多いです。|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院 | 茨木市真砂のたてやま鍼灸整骨院

エキテンランキング1位!

電話番号

アクセスマップ

交通事故後の負傷の治療・リハビリも自信があります 一般社団法人むち打ち治療協会 大阪府茨木市真砂1丁目9-31

秋におこる、ぎっくり腰が多いです。|茨木市・南茨木のたてやま鍼灸整骨院

2016/11/19

ぎっくり腰ならたてやま鍼灸整骨院にお任せ!!

 

最近は秋から冬へと変わりつつあり、寒くなったり暖かくなったりで体調を崩しやすいです。
このような時期には特に多い症状があります。


それは「ぎっくり腰」です!

pelvis_img02

 

ぎっくり腰になると動くこともままならず仕事はおろか、
日常生活にも支障が出てしまいます。

 

なぜ、この時期に多いのか ?

 


●朝晩と日中との気温差


①急に気温が変わることにより身体が冷やされ、筋肉の血液循環が悪くなり、一気に筋肉が硬くなり痛みを生み出す。

②暖かい日と寒い日が入り乱れてしまうと、自律神経のバランスを崩しやすく、自律神経のバランスを崩すと同じように血液循環が悪くなり、筋肉が固くなります。また、睡眠不足にもなり易く、全体的に疲労を回復しにくくなり疲労が溜まることによってぎっくり腰をおこしてしまいます。

③今の時期は、まだ頭の中で動けると勘違いしている場合もあります。

冬になると、活動自体がゆっくりになり、慣れていると体を痛める事も少ないのですが、今ぐらいの時期ですと、体の活動はゆっくりになりつつ、筋肉がすぐには力が入りにくくなりつつあるため、頭の方で、まだ全然動けると勘違いをし、今まで通りに動いてしまう結果、ギックリ腰になるパターンもあります。

 

対処法
➀お風呂にゆっくり浸かって身体のしんから芯から温める。
➁骨盤まわりの筋肉をストレッチする。
➂睡眠時間をしっかり取る。

※ぎっくり腰になってしまった急性期の場合は温めるのではなく、氷嚢や湿布などで冷やして下さい。

 

この3点を意識してみてください。


それでも、
「朝起きた際に身体の疲れが取れない。」
「夜中にふくらはぎや、足の指がつる。」
「腰にいつもとは違う突っ張った感じがある。」
といった症状がみられましたらお身体の危険信号なので

気軽にいつでもご相談ください。

 

体の歪み、ぎっくり腰、腰痛のことなら、高槻・摂津・吹田・箕面からも来院する
茨木市の南茨木にある

たてやま鍼灸整骨院
大阪府茨木市真砂1-9-31ボー・ドミール南茨木

診療時間8:30~12:00 3:00~8:00

土曜の午後診は2:00~5:00まで

日曜・祝日は休診  水曜午後は休診です

茨木市・南茨木駅にあるたてやま鍼灸整骨院の公式HPはコチラ
072-638-0119

トピックス一覧へ戻る

交通事故治療

一般社団法人むち打ち治療協会

トピックスカテゴリー

一覧はこちら

治療メニュー

治療メニュー一覧はこちら

お悩みの症状

お悩みの症状一覧はこちら

トピックス

トピックス一覧はこちら

お客様の声

院へのアクセス

お問い合わせ


南茨木駅×マッサージ部門
2016年06月時点

たてやま鍼灸整骨院の口コミをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院のクーポンをもっと見る

たてやま鍼灸整骨院の口コミを書く

口コミサイト エキテン