診療時間

ぎっくり腰

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 重い物を持ってから激烈に腰が痛い
  • 子供を抱っこしてから立てない
  • 腰や足に力が入らない
  • 足がしびれている
  • 腰を伸ばすことが出来ない
  • 腰が抜けそうで怖い
  • ギックリ腰がクセになっている

ぎっくり腰はなぜ起こるのでしょうか?|たてやま鍼灸整骨院

ぎっくり腰とは、まず骨盤の歪みや背骨の歪み、猫背により筋肉に過剰な負荷がかかっており、疲労が溜まってきます。疲労が溜まると筋肉が固くなります。

筋肉が固くなると血行が悪くなり、血行が悪くなると回復力が落ちてきます。これの繰り返しの中、腰に急激な負荷、例えば重い物を持つのもありますが、軽い物でも持ち方によれば腰への負担は何倍にもなります。また、くしゃみなども姿勢によっては腰への負担は大きいです。

この、瞬間的な大きい力や持続的な力が働くことにより、腰の筋肉が耐えられなくなり過緊張をおこしたり、仙骨と骨盤の関節(仙腸関節)に捻じれやズレが生じ、重力による体重を支えることが出来なくなってしまい、へっぴり腰でないとたてなかったり、身体を動かすだけで痛い、肩を借りないと立てないなどの状態になります。

ぎっくり腰により痛める場所は

腰回りの筋肉・筋膜

仙腸関節

腰椎の関節

それぞれ痛め方や回復過程が違います。

ぎっくり腰の痛みが治らない・悪化する理由|たてやま鍼灸整骨院

まず、急性期の痛みはアイスパックなどで冷やし炎症を抑える事と安静にする事で少しずつ痛みは緩和するでしょう。しかし、この急性期にお風呂で温めてしまったり、動かすことで良くなると勘違いしていると悪化します。勘違いしてはいけないのが、2~3日したらギックリ腰は初期の処置を適切におこなうことでかなり改善までのスピードが違います。

また、そもそもの骨盤部のズレや骨格の歪みがあるので、負荷のかかりやすい場所は変わりません。

結局は疲労の蓄積も一度痛めているので早く、繰り返し痛みとして出てきたり同じようにギックリ腰になってしまいます。または、日にちが経っても痛みが無くならず腰に力が入らない状態が続きます。

根本的な骨盤・骨格のズレや歪みを矯正していく事が、早期回復への早道になってきます。

茨木市南茨木 たてやま鍼灸整骨院のギックリ腰の痛みに対する治療法は?

当院でのギックリ腰治療は、身体の土台である骨盤の矯正を軸にしています。

状態は腰の筋肉と関節部の炎症があり仙腸関節へのダメージがあります。そこへ重力によって荷重がかかるので腰に痛みがでて力が入りません。立てないまたは腰が伸びない姿勢になります。

それぞれの状態にもよりますが、まずはアイシングで炎症を抑え、骨盤の矯正により土台である腰に体重が乗っても支えれるようにしていきます。その上で筋肉に力が入るように筋肉・筋膜治療をしていきます。そうすることで、骨盤の矯正で正しい姿勢になり、筋肉・筋膜を補強施術することで正しい姿勢を維持することが出来る様になります。

姿勢の維持が出来るところまでくると痛みはありませんし、再発しにくくなります。骨盤・骨格・筋肉による良い姿勢の維持が大切になってきます。

たてやま鍼灸整骨院へのお問い合わせ

たてやま鍼灸整骨院

住所
〒567-0851
大阪府茨木市真砂1丁目9-31
ボー・ドミール南茨木1F
アクセス
阪急京都線「南茨木駅」より徒歩10分

LINE

受付時間