診療時間

膝の痛み

こんな症状でお悩みではありませんか

  • 階段での上り下りが辛い
  • 膝の内側が痛くなり次に裏側まで痛くなった
  • 膝に水がたまっていて痛い
  • 歩いていると痛い、踏ん張る時に痛む、立ち上がる時痛む
  • 痛みでスポーツが出来ないスポーツで痛めた膝がいつまでも痛む
  • 膝が思うように曲がらない伸びない
  • 昔、痛めて冷えると痛む
  • 変形があり痛み動きが悪くなった
  • ヒアルロン酸を注射しているが痛みが取れない
  • 正座したいが痛みでできない

膝の痛みはなぜ起こるのでしょうか?|たてやま鍼灸整骨院

膝の痛みは加齢による膝の変形が原因となることがあります。内足の膝が外側より動きがありクッションである半月板が摩耗して内側に負担がかかりやすく、放っておくとO脚になっていきます。

O脚やX脚の状態は膝を痛めやすく、膝は関節であり体重を支えるところなので負担がかかるため、一度損傷してしまった膝は傷が戻りにくくなっています。

私生活の中での筋力の疲労が合わさって血行が悪くなり冷えると痛むなどの症状につながります。

土台である骨盤が歪むと下肢長差があるため左右の足で負担のかかり方も変わってきます。また膝への痛みで骨盤が歪みよりひどい痛みや他の場所に痛みが波及することもあります。

膝の痛みが治らない・悪化する理由|たてやま鍼灸整骨院

膝の痛みが治らない原因として膝の関節面が合っておらず、膝全体に体重が乗っかり負担がかかるため、悪化していくことが考えられます。そのため膝全体に体重がかかることが繰り返されるため、筋肉だけをほぐしたりしただけでは負担のかかり方が変わっておらず骨盤から股関節足首までの調整が必要になります。

痛みがあっても違和感があっても無理して歩くことで、体重を支えることをやめられずそのため負担がかかる場所が限定され、悪化してしまう。膝の痛みの症状にはいくつか種類があります。

変形性膝関節症=関節の間にある軟骨がすり減ることで関節痛などの症状が引き起こされる症状です。膝の形が変形するまで放っておいたことに問題があります。

損傷=「少しの痛みなら」と違和感があるにも関わらず続けてスポーツをしてしまうことで症状が悪化してしまいます。休める時に休めないと後々スポーツ障害として、スポーツが出来なくなってしまいます。

オスグッド=膝のお皿の下にある骨(脛骨結節)が徐々に出てくることで痛みが出てくる症状です。成長期にスポーツをしている人に起こりやすい症状です。

ただ変形した場合でも関節がある程度矯正されると負担が減り痛みは和らぎます。さらに筋力低下している筋肉を筋力トレーニングなどにより増強させるとより痛みが楽になってきます。

茨木市南茨木 たてやま鍼灸整骨院の膝の痛みに対する治療法は?

当院ではまず関節の動きをよくし、固さをなくしていきます。

関節面を合わせる、筋肉を緩める、炎症を取るために必要があればアイシングをし、関節面に変形が強ければ筋力トレーニングをしてもらいます。筋肉をつけることにより関節面のない部分が丈夫になります。

さらに、膝に負担がかからないようになりますもちろん骨盤、骨格から歪みを整えバランスを良くし体重の乗り具合を左右均等にしています。

また、関節面がまっすぐになっているので間隔を開け、曲げ伸ばしするときに滑りやすくして動きやすくしていきます。

膝の裏の筋肉や全面の筋肉を緩和させ伸長させることでお皿の位置も矯正していきます。

たてやま鍼灸整骨院へのお問い合わせ

たてやま鍼灸整骨院

住所
〒567-0851
大阪府茨木市真砂1丁目9-31
ボー・ドミール南茨木1F
アクセス
阪急京都線「南茨木駅」より徒歩10分

LINE

受付時間